歯科医師への道のりとは

歯科医師になるため

クリーニング

歯科医師免許や資格の説明

歯科医師になるためには免許を取得する必要があります。大学を卒業した後、国家試験に合格することで交付されるというのが一般的な流れです。これは厚生労働大臣から発行されるものです。免許は、取得すると食品衛生管理者や衛生検査技師、衛生管理者などの資格も自動的に与えられるという特徴を持っています。また、歯科技工士や臨床検査技師、労働衛生コンサルタントの受験資格や試験の一部免除が与えられます。その他、専門医資格を取得するには、数年の臨床経験や研究発表、講義の受講などの条件を満たし試験に合格する事が必要となります。

歯医者の免許を取る方法

6年生の歯科大学もしくは歯学部を卒業したあとに、医師国家試験に合格すれば厚生労働大臣から医師免許の交付を受けることができます。医師として認められたあとクリニックや大学病院などで研修医として勤務して一年たち、臨床研修を修了すれば、歯科医師として開業することが出来ます。業務としては、歯の咬合に関する業務、補綴、充填、矯正、歯牙、口腔粘膜、舌、唾液腺、口唇など口腔内部やその周辺におきる疾患に関することの診察、治療、リハビリなどを行ないます。一度交付された免許は厚生労働省の異道審議会で決まらない限り生涯有効になります。

↑PAGE TOP