歯周病は毎日の予防です

歯周病の検診を受ける

クリーニング

歯周病とその治療法について

歯周病とは、歯垢によって歯の周りの骨が溶け、歯が揺れたり、歯茎が腫れ上がったり、最終的に歯が抜け落ちてしまう病気です。初期の頃は自覚症状が全くない為、気づかないうちに症状が進行していってしまいます。歯周病を進行させない為にも、プラークコントロールが重要になってきます。プラークは歯垢のことで、歯垢は毎日口の中で発生します。それを毎日、普段の生活の中で取り続けなくては改善しません。歯垢をつけないようにコントロールして、悪化させないように維持していく治療が必要です。

歯医者で歯科検診を受けて

誰もが思うことは元気で長生きをしたいことです。それを実現させるためには自分でできることがたくさんあります。その一つに定期的に歯医者に行くことです。歯が元気な状態でないと生きていく時の1番大事な食べることが思うようになりません。歯科検診をして、そこに自分では気づかない不都合が見つかった時には早く歯医者で治療をしてもらい治しながらなるべく自分の歯を長持ちさせることです。歯科での治療が大きな病気の予防になる場合があることも覚えておきたいです。

↑PAGE TOP