高齢者や身体が不自由な人の歯科

歯科の学習は役立つ

クリーニング

現代のニーズに対応した歯科治療

最近の歯科医院は診療科目も豊富になり、一昔前に比べて患者さんの幅も広くなってきています。特に最近では往診をしてくれる医院も増えています。特に高齢化社会により様々な介護サービスが豊富になった現代において歯科の往診も必要不可欠になってきているのです。高齢者や身体が不自由な人を対象に自宅や施設に訪問し、治療や定期検診を行う事で本人や介護者のリスクや負担を軽減できるメリットがあり通院が難しく治療を諦めていた人に需要の高いサービスでもあります。歯医者さんに行けない人こそ、しっかりとした口腔ケアや治療が必要な時代なのです。

往診を行ってくれる医院

歯科の治療は、歯医者に行かなければ受けられないものではありません。脚が不自由などの理由があれば、往診を行ってくれる歯医者が増えています。主に、介護されている人に向けたもので、個人のお宅はもちろん、介護施設にも訪問診療を行う歯科医師がいます。治療内容も、合わない入れ歯を調整したり、虫歯の治療を行うことができます。お口の中が磨きにくくなっていることがあるので、歯のクリーニングや歯磨き指導を行うこともあります。健康な歯で食べるということは、生活の質の向上につながり、患者さんのよりよく生きることにつながります。

↑PAGE TOP