歯科で歯並びを綺麗に

歯科を有効に活用

クリーニング

歯科の定期検診の内容

歯科の定期検診を受けることによって、虫歯のない歯を保つことができ未然に虫歯を防ぐことができます。歯科の定期検診では、虫歯や歯周病の確認、歯のクリーニング、ブラッシングの指導、詰め物の不具合、口の中の粘膜に異常がないかなどを確認します。異常があれば治療することになりますが、軽度な状態で見つけることができるので治療期間もあまりかかりません。定期検診だけでは、虫歯を防ぐことができないので自宅でのセルフケアを併用して虫歯のなりにくい口腔環境にすることが大事です。

入れ歯の正しい保管方法

入れ歯には正しい保管方法があることをご存知でしょうか。間違った保管方法をしてしまうと、歯の傷みや破損につながってしまいます。寝るときはきちんと外して、水を入れた容器に歯を入れましょう。ほこりが気になる方は、蓋つきの容器を使用してください。乾燥した状態でおいておくと、変形の元となってしまいます。また、毎日でなくても三日に一回は専用の洗浄剤を入れてください。歯ブラシで磨いていても、細かい隙間などまでしっかり汚れを落とすことは難しいです。

↑PAGE TOP